取扱作家



店舗案内

プライバシーポリシー
リサイクルリンク集

着物買取実績

高額にて買取りさせて頂いた逸品をご紹介いたします。

人間国宝・有名作家物や産地のお品物、特殊なお品物は、高額買取り致します。
和服、着物(留袖・色留袖・振袖・訪問着・附下・小紋・紬・袋帯・名古屋帯)買取り。
呉服(着尺反物・仮絵羽・帯反物)買取り。
アンティークや時代裂のお買取もいたします。

「お着物の買取り価格や相場は、全国の市場の動きに合わせて提示させていただいております」

買取実績:室町加納「みさやま紬」

信州、三才山の自然に育まれた草木を横山俊一郎氏によって美しい色に染められた紬。 みさやま紬は経糸に絹糸、緯糸に紬糸を使用するためどっしりとした紬の味と なめらかさが特徴。

■「室町加納」作品 高額買取りいたします。
■「みさやま紬」 高額買取りいたします。
買取実績:『しょうざん』生紬 訪問着

上州赤城山麓で新芽の桑の葉を食べて育った春蚕の玉繭を座繰で引き出して弾力の ある玉糸を経緯のすべてに使用している。

生紬とは、生糸の精練を途中段階で終わらせて、ざっくりして風合いを残した紬糸 で 織られた紬織物。

■「しょうざん 生紬」 高額買取りいたします。
買取実績:『しょうざん』生紬 なごや帯

上州赤城山麓で新芽の桑の葉を食べて育った春蚕の玉繭を座繰で引き出して弾力のある玉糸を経緯のすべてに使用している。

生紬とは、生糸の精練を途中段階で終わらせて、ざっくりして風合いを残した紬糸で 織られた紬織物。

■「しょうざん 生紬」 高額買取りいたします。

買取実績:『藤山千春』作 吉野間道名古屋帯

東京都品川区の伝統工芸保存会会員。
吉野間道織の第一人者である藤山千春氏。
絹糸を草木染し、名物織の一種である吉野間道を復元している。

■「藤山千春」作品 高額買取りいたします。
■「吉野間道」 高額買取りいたします。
買取実績:『帯屋捨松』謹製 なごや帯

創業は江戸時代安政である帯屋捨松。
量産の時代を経て量より質に転換する道を選ぶ。
時代背景に合わせて7割を国内、残りの3割を海外での製作としている。

■「帯屋捨松」作品 高額買取りいたします。

買取実績:日本工芸会会員 真栄城興茂『琉球美絣』反物

琉球美絣とは、真栄城家の絣。
家伝の技法を守りながらも 琉球藍やフクギ、ヤマモモなど植物染料の色合いが織りなす 絣模様や縞など新たな感性を注ぎ込んでいる。

■「琉球美絣」高額買取りいたします。
■「真栄城興茂」作品 高額買取りいたします。
買取実績:『南風原花織』

沖縄の絣のことを総称して琉球絣と呼んでいる。

戦後、南風原の絹絣織物が沖縄の絣を代表するようになる。
絣は約600種類もの模様があり、自然や生活の道具から形を取り入れてきた。
絣括(かすりくくり)には、琉球独特の手括りがある。

南風原の絣は、図案を基に絵図法を用いている。
大正時代まで織られ、昭和からは織られなくなった花織。
端ぎれが見つかったものの製造方法を知る人が現存しないため、織り方などがなぞ に 包まれていたが、琉球絣・南風原花織保存会により復元された。

■「本場琉球絣」(琉球絣反物) 高額買取りいたします。
■「南風原花織」(南風原花織反物) 高額買取りいたします。

買取実績:重要無形文化財『本場結城紬』80亀甲

本場結城紬は、1956年に国の重要無形文化財に指定される事で全国的に認められることとなる。 その指定条件は、

1:使用する糸はすべて真綿より手つむぎしたもの
2:絣模様をつける場合は手くびりによること
3:地機(いざり機)で織ること

の、三つである。 本場結城紬のこうした全身全霊の力をこめた手仕事の技は、着る人に丈夫さ、軽さ、 着心地の良さを与えて長く愛され続けている。

■「本場結城紬」 高額買取りいたします。
■「本場結城紬 反物」 高額買取りいたします。
買取実績:『染の北川』地模様小紋

「女性を美しくする」きものを作るため、一切の妥協を許さない北川。
オリジナルの生地であるCHUL THAI No6の使用。
京友禅の伝統を受け継ぎつつ、現代に沿った手法も取り入れ、他にはない斬新で力のあるきもの作りを続けている。

■「染の北川」高額買取りいたします。
買取実績:『染の北川』雪和飛び柄小紋

「女性を美しくする」きものを作るため、一切の妥協を許さない北川。
オリジナルの生地であるCHUL THAI No6の使用。
京友禅の伝統を受け継ぎつつ、現代に沿った手法も取り入れ、他にはない斬新で力のあるきもの作りを続けている。

■「染の北川」高額買取りいたします。

買取実績:『しょうざん』生紬 訪問着

上州赤城山麓で新芽の桑の葉を食べて育った春蚕の玉繭を座繰で引き出して弾力のある玉糸を経緯のすべてに使用している。

生紬とは、生糸の精練を途中段階で終わらせて、ざっくりして風合いを残した紬糸で 織られた紬織物。

■「しょうざん 生紬」高価買取りいたします。
買取実績:『南部紫根染』名古屋帯反物

茜染めと同様に岩手県南部地方で古くから染められてきた紫根染ムラサキ科の多年生植物の紫草の根から色素を得る。
天然染料で染め上げた紫は、落ち着いた深みのある色で、古代紫と呼ばれている。 南部紫根染「南部紫」は御用染師によって染められ、諸侯への献上品とされていた。

■「南部紫根染」 高額買取りいたします。

買取実績:『本場黄八丈』綾織

黄八丈は八丈島に古くから伝わる織物で、室町時代以前から織られている絹織物。

1977年に、国の伝統工芸品に指定されている。
八丈島に自生する草木を「黄」「樺」「黒」に染め上げ、すべて手織によって織り上げられる黄八丈は「平織」「綾織」という決まった織り方で、現在まで受け継がれている。

■「黄八丈」 高額買取りいたします。
■「山下八百子」作品 高額買取りいたします。
買取実績:『山下八百子作 本場黄八丈』綾織反物

黄八丈は八丈島に古くから伝わる織物で、室町時代以前から織られている絹織物。

1977年に、国の伝統工芸品に指定されている。
八丈島に自生する草木を「黄」「樺」「黒」に染め上げ、すべて手織によって織り上げられる黄八丈は「平織」「綾織」という決まった織り方で、現在まで受け継がれている。

■「黄八丈」 高額買取りいたします。
■「山下八百子」作品 高額買取りいたします。
買取実績:城間栄順作 『本場琉球紅型 名古屋帯反物』

紅型三宗家の一家 城間栄順氏

1934年(昭和9年)に沖縄県首里市(現在の那覇市)に、人間国宝・「城間栄喜」氏の長男として誕生 城間家の家業である紅型を父・城間栄喜氏に学び、1996年日本工芸会正会員に認定される。

城間栄喜氏と共に紅型染めの復興に力を注ぎ、沖縄の染色を伝えてきた第一人者。

「城間栄順」略歴

1934年 (昭和9年)  沖縄県首里市に人間国宝・「城間栄喜」氏(城間紅型14代)の長男として誕生。
1993年 (平成5年)  第40回日本伝統工芸展初出品 入賞
1996年 (平成8年)  日本工芸会正会員認定

■日本工芸会正会員・城間栄順 高価買取りいたします。
■人間国宝・城間栄喜 高価買取りいたします。
■本場琉球紅型 高価買取りいたします。
■本場琉球藍型 高価買取りいたします。

買取実績:重要無形文化財「友禅」人間国宝 『羽田登喜男』作 絽なごや帯

重要無形文化財「友禅」保持者 羽田登喜男

金沢と京都という異なった気候や風土、歴史に培われた加賀友禅と京友禅を融合させ た独自の世界観を持つ友禅。 「自然が師である」という羽田友禅は、花鳥を主とした自然を題材に、伝統だけにとらわれない幅広い技術を駆使して描かれる。

人間国宝 羽田登喜男 略歴

明治44年 金沢市に生まれる
大正14年 加賀友禅作家 南野耕月に師事
昭和6年  京友禅作家 曲子光峰に師事
昭和30年 日本伝統工芸展に入選
昭和63年 重要無形文化財保持者「友禅」に認定

■人間国宝 「羽田登喜男」 作品 高額買取りいたします。

買取実績:『牛首紬』袋帯

牛首紬の名は、白山の麓の牛首村に由来。石川県の無形文化財にも指定されている「牛首紬」

平安時代の平治の乱で敗れた大畠氏が、牛首村に逃れた際にその技を伝授したと伝えられる。
牛首紬は二匹の蚕が共同で一つの繭を作る「玉繭」を主として織られる。

全生産工程を一貫して行うという、全国でも極めて珍しい方法により生み出される。

■「牛首紬」 高額買取りいたします。

買取実績:「本場大島紬 反物地空き」

本場大島紬は、長い歴史と伝統を誇る鹿児島県を代表する織物。
大島紬の工程は、大きく分けて30数工程あり、図案から織り上がるまで半年近く
かかり、1つ1つの工程が非常に複雑で高度な技術が要求される。

現在、大島紬は伝統的な泥大島や、泥藍大島といったものから、色大島や白大島と、
幅広く織り上げられている。

■「恵積五郎」 高額買取りいたします。
■「本場大島紬」 高額買取りいたします。
■「本場大島紬 反物」 高額買取りいたします。

買取実績:「本場大島紬 反物」

本場大島紬は、長い歴史と伝統を誇る鹿児島県を代表する織物。
大島紬の工程は、大きく分けて30数工程あり、図案から織り上がるまで半年近く かかり、1つ1つの工程が非常に複雑で高度な技術が要求される。

現在、大島紬は伝統的な泥大島や、泥藍大島といったものから、色大島や白大島と、 幅広く織り上げられている。

■「恵積五郎」 高額買取りいたします。
■「本場大島紬」 高額買取りいたします。
■「本場大島紬 反物」 高額買取りいたします。

買取実績:「本場大島紬」9マルキ飛柄

本場大島紬は、長い歴史と伝統を誇る鹿児島県を代表する織物。

大島紬の工程は、大きく分けて30数工程あり、図案から織り上がるまで半年近く かかり、1つ1つの工程が非常に複雑で高度な技術が要求される。

現在、大島紬は伝統的な泥大島や、泥藍大島といったものから、色大島や白大島と、 幅広く織り上げられている。

■「恵積五郎」 高額買取りいたします。
■「本場大島紬」 高額買取りいたします。
■「本場大島紬 反物」 高額買取りいたします。

買取実績:『牛首紬』型染袋帯

牛首紬の名は、白山の麓の牛首村に由来。
石川県の無形文化財にも指定されている「牛首紬」 平安時代の平治の乱で敗れた大畠氏が、牛首村に逃れた際にその技を伝授したと伝えられる。

牛首紬は二匹の蚕が共同で一つの繭を作る「玉繭」を主として織られる。
全生産工程を一貫して行うという、全国でも極めて珍しい方法により生み出される。

■「牛首紬」 高額買取りいたします。

買取実績:『牛首紬』刺繍訪問着

牛首紬の名は、白山の麓の牛首村に由来。
石川県の無形文化財にも指定されている「牛首紬」 平安時代の平治の乱で敗れた大畠氏が、牛首村に逃れた際にその技を伝授したと伝えられる。

牛首紬は二匹の蚕が共同で一つの繭を作る「玉繭」を主として織られる。
全生産工程を一貫して行うという、全国でも極めて珍しい方法により生み出される。

■「牛首紬」 高額買取りいたします。

買取実績:加賀友禅作家『戸田雪心』作 黒留袖 花絵巻

500年の歴史を持つ加賀友禅。

加賀友禅の始祖、その名の由縁となる「宮崎友禅斎」の登場により、加賀友禅は大き な 発展を遂げることとなる。

加賀五彩といわれる、 「藍・臙脂・黄土・草・古代紫」を基調とした多彩調で描かれる絵画調の手描き友禅 は 高い評価を得ている。 主な工程だけでも9つあり、熟練の高い技術が要求される。

■加賀友禅 高額買取いたします 。

買取実績:加賀友禅作家『西川真理』作 黒留袖 梅に茶や辻

500年の歴史を持つ加賀友禅。

加賀友禅の始祖、その名の由縁となる「宮崎友禅斎」の登場により、加賀友禅は大き な 発展を遂げることとなる。

加賀五彩といわれる、 「藍・臙脂・黄土・草・古代紫」を基調とした多彩調で描かれる絵画調の手描き友禅 は 高い評価を得ている。 主な工程だけでも9つあり、熟練の高い技術が要求される。

■加賀友禅 高額買取いたします 。

買取実績::加賀友禅作家『坂下順子』作 黒留袖 華流水

500年の歴史を持つ加賀友禅。

加賀友禅の始祖、その名の由縁となる「宮崎友禅斎」の登場により、加賀友禅は大き な 発展を遂げることとなる。

加賀五彩といわれる、 「藍・臙脂・黄土・草・古代紫」を基調とした多彩調で描かれる絵画調の手描き友禅 は 高い評価を得ている。 主な工程だけでも9つあり、熟練の高い技術が要求される。

■加賀友禅 高額買取いたします 。

買取実績:加賀友禅作家『野村絵美』作 黒留袖

500年の歴史を持つ加賀友禅。 加賀友禅の始祖、その名の由縁となる「宮崎友禅斎」の登場により、加賀友禅は大き な 発展を遂げることとなる。

加賀五彩といわれる、 「藍・臙脂・黄土・草・古代紫」を基調とした多彩調で描かれる絵画調の手描き友禅は高い評価を得ている。

主な工程だけでも9つあり、熟練の高い技術が要求される。

■加賀友禅 高額買取いたします。

買取実績:『本場琉球絣 南風原花織』名古屋帯

沖縄の絣のことを総称して琉球絣と呼んでいる。
戦後、南風原の絹絣織物が沖縄の絣を代表するようになる。

琉球絣には多くの模様があり、自然や生活の道具から形を取り入れてきた。
絣括りには、琉球独特の手括りがある。 大正時代まで織られ、昭和に入って織られなくなった花織。 琉球絣・南風原花織保存会により復元された。

■「本場琉球絣」(琉球絣反物) 高額買取りいたします。
■「南風原花織」(南風原花織反物) 高額買取りいたします。

買取実績:南部紫根染

茜染めと同様に岩手県南部地方で古くから染められてきた紫根染ムラサキ科の多年生植物の紫草の根から色素を得る。

天然染料で染め上げた紫は、落ち着いた深みのある色で、古代紫と呼ばれている。 南部紫根染「南部紫」は御用染師によって染められ、諸侯への献上品とされていた。

■「南部紫根染」 高額買取りいたします。

買取実績:「17代 京屋林蔵」 総刺繍訪問着

美術品のような豪華な作品を得意とする「17代京屋林蔵」
その圧倒的な存在感から、技術力の高さと繊細さを感じる。

■「京屋林蔵」 高額買取りいたします。

買取実績:「17代 京屋林蔵」 総刺繍訪問着

美術品のような豪華な作品を得意とする「17代京屋林蔵」
その圧倒的な存在感から、技術力の高さと繊細さを感じる 総刺繍の訪問着。

■「京屋林蔵」 高額買取りいたします。

買取実績:都喜衛門『本場大島紬』単衣 銘「風格の装い」

本場大島紬は長い歴史を誇る鹿児島県を代表する織物で、なかでも泥染の大島紬は 植物(車輪梅)の煎出液と泥土による古代染色技法を現代に伝える伝統ある織物。

大島紬の工程は大きく分けて30数工程あり、図案に始まり織り上がるまで半年近く かかり、 1つ1つの工程が非常に複雑で高度の熟練の技術が要求される。

現在、大島紬は伝統的な泥大島紬や、泥藍大島紬といったものから、色大島紬や白大 島紬と、 幅広く織り上げられている。

『都喜衛門』は、藤絹織物が展開する大島紬のブランド。

■「本場大島紬」高額買取いたします。
■「本場大島紬反物」高額買取いたします。
■「都喜衛門 大島紬」高額買取いたします。

買取実績:都喜衛門『本場大島紬』

本場大島紬は長い歴史を誇る鹿児島県を代表する織物で、なかでも泥染の大島紬は 植物(車輪梅)の煎出液と泥土による古代染色技法を現代に伝える伝統ある織物。

大島紬の工程は大きく分けて30数工程あり、図案に始まり織り上がるまで半年近く かかり、 1つ1つの工程が非常に複雑で高度の熟練の技術が要求される。

現在、大島紬は伝統的な泥大島紬や、泥藍大島紬といったものから、色大島紬や白大 島紬と、 幅広く織り上げられている。

『都喜衛門』は、藤絹織物が展開する大島紬のブランド。

■「本場大島紬」高額買取いたします。
■「本場大島紬反物」高額買取いたします。
■「都喜衛門 大島紬」高額買取いたします。

買取実績:京友禅作家『松井青々』作 道行コート

昭和20年 入江波光・猪原大華・勝田哲等に師事。
昭和26年 榊原紫峰・小野竹喬・徳岡神泉・上村松篁当に師事。
昭和30年 この頃より父の下で京友禅の修得を始める。
昭和64年 京友禅の技術一切を修得し、1月父新太郎より「青々」を襲名。
平成 6年 新技法作品「萌芽」を新工房で完成させる。

■「松井青々」作品高額買取いたします。

買取実績:京友禅作家『松井青々』作 訪問着

昭和20年 入江波光・猪原大華・勝田哲等に師事。
昭和26年 榊原紫峰・小野竹喬・徳岡神泉・上村松篁当に師事。
昭和30年 この頃より父の下で京友禅の修得を始める。
昭和64年 京友禅の技術一切を修得し、1月父新太郎より「青々」を襲名。
平成 6年 新技法作品「萌芽」を新工房で完成させる。

■「松井青々」作品高額買取いたします。

買取実績:『佐波理綴』吉祥松鶴紋 袋帯

わずかな照明の元でも輝きを増す織物、佐波理綴。
久保田一竹氏のショーで起用され注目される。
各地でイベントを精力的に行い 今の地位を築いた。
様々な技術と特許の取得により、独自の世界観を作り上げている。

■佐波理綴 高額買取いたします。

買取実績:『たつむら』謹製 福寿花王文袋帯

「美術織物という言葉を浸透させた」と言われる高い技術力と感性で、
様々な織物作品を生み出してきた「たつむら」の織物。

初代龍村平蔵が形成した個性は、2代、3代と変わることなく伝承されている。

■「たつむら」高額買取いたします。
■「龍村平蔵」高額買取いたします。

買取実績:『牛首紬』訪問着

牛首紬の名は、白山の麓の牛首村に由来。

平安時代の平治の乱で敗れた大畠氏が、牛首村に逃れた際にその技を伝授したと伝えられる。牛首紬は二匹の蚕が共同で一つの繭を作る「玉繭」を主として織られる。

全生産工程を一貫して行うという、全国でも極めて珍しい方法により生み出される。

■「牛首紬」高額買取いたします。
買取実績:『しょうざん』生紬

上州赤城山麓で新芽の桑の葉を食べて育った春蚕の玉繭を座繰で引き出して弾力のある玉糸を経緯のすべてに使用している。

生紬とは、生糸の精練を途中段階で終わらせて、ざっくりして風合いを残した紬糸で 織られた紬織物。

■「しょうざん 生紬」高額買取りいたします。

買取実績:『越後上布』着尺反物

新潟県南魚沼市、小千谷市を中心に生産されている麻織物。
1955年に重要無形文化財に指定される。
上布の最高級品であり「東の越後、西の宮古」と呼ばれる日本を代表する織物といわ れている。

越後上布の重要無形文化財指定要件は

一 すべて苧麻を手うみした糸を使用すること。
二 絣模様を付ける場合は、手くびりによること。
三 いざり機で織ること。
四 しぼとりをする場合は、湯もみ、足ぶみによること。
五 さらしは、雪ざらしによること。

■越後上布 高額買取いたします。
買取実績:『久保田一竹』作 辻が花染名古屋帯

「辻が花染」とは室町時代に栄えた紋様染めで、名称の由来は定かではない。

はじめは庶民の小袖から始まったと言われているが、後に武家に愛され、高級品とし て一世を風靡したが、江戸時代にその姿を消してしまう。

幾つかの説があるが、より自由に表現のできる友禅の出現により、辻が花染は衰退し たといわれている。

久保田一竹氏は長い歳月をかけて室町時代の「辻が花染」を研究。
そうして現代に蘇った「辻が花」は、「一竹辻が花」と命名された。その功績と作品の価値は、国際的にも高く評価されている。

1994年に建設された「久保田一竹美術館」でその作品を見ることができる。

■「久保田一竹」作品 高額買取いたします。

買取実績:『佐波理綴』新緑若松紋 袋帯

わずかな照明の元でも輝きを増す織物、佐波理綴。

久保田一竹氏のショーで起用され注目される。
各地でイベントを精力的に行い 今の地位を築いた。
様々な技術と特許の取得により、独自の世界観を作り上げている。

■佐波理綴 高額買取いたします。
買取実績:加賀友禅作家『百貫華峰』作 訪問着

500年の歴史を持つ加賀友禅。

加賀友禅の始祖、その名の由縁となる「宮崎友禅斎」の登場により、加賀友禅は大き な 発展を遂げることとなる。加賀五彩といわれる、
「藍・臙脂・黄土・草・古代紫」を基調とした多彩調で描かれる絵画調の手描き友禅は 高い評価を得ている。

主な工程だけでも9つあり、熟練の高い技術が要求される。

■加賀友禅 高額買取いたします

買取実績:加賀友禅作家『西川健一』作 訪問着

500年の歴史を持つ加賀友禅。

加賀友禅の始祖、その名の由縁となる「宮崎友禅斎」の登場により、加賀友禅は大き な 発展を遂げることとなる。加賀五彩といわれる、
「藍・臙脂・黄土・草・古代紫」を基調とした多彩調で描かれる絵画調の手描き友禅は 高い評価を得ている。

主な工程だけでも9つあり、熟練の高い技術が要求される。

■加賀友禅 高額買取いたします

買取実績:『ざざんざ織』男物

ざざんざ織は、浜松市の平松実氏により創作された紬の織物。

ざざんざは「颯々」とも書き、松風の音を表現したもので、当時、足利将軍義教が 「浜松の音はざざんざ」と詠んだことから、「ざざんざ」と名づけられたと言われて いる。

2匹の蚕が作った糸を丁寧に手織りで織り上げ、自然の草木や植物を用いた染色で絹 独特の光沢と暖かな風合いを生んでいる。

■ざざんざ織 高額買取いたします。
買取実績:『牛首紬』男物

牛首紬の名は、白山の麓の牛首村に由来。

平安時代の平治の乱で敗れた大畠氏が、牛首村に逃れた際にその技を伝授したと伝え られる。 牛首紬は二匹の蚕が共同で一つの繭を作る「玉繭」を主として織られる。

全生産工程を一貫して行うという、全国でも極めて珍しい方法により生み出される。

■「牛首紬」高額買取いたします。
買取実績:『本場琉球絣 南風原花織』 名古屋帯反物

沖縄の絣のことを総称して琉球絣と呼んでいる。
戦後、南風原の絹絣織物が沖縄の絣を代表するようになる。

絣は約600種類もの模様があり、自然や生活の道具から形を取り入れてきた。
絣括(かすりくくり)には、琉球独特の手括りがある。
南風原の絣は、図案を基に絵図法を用いている。
大正時代まで織られ、昭和からは織られなくなった花織。
端ぎれが見つかったものの製造方法を知る人が現存しないため、織り方などがなぞに包まれていたが、琉球絣・南風原花織保存会により復元された。

■「本場琉球絣」(琉球絣反物) 高額買取りいたします。
■「南風原花織」(南風原花織反物) 高額買取りいたします。

買取実績:加賀友禅『初代由水十久』唐子塩瀬名古屋帯

染写実的な草花模様が中心の加賀友禅の中で、模様としては最も扱いにくい題材とされる人物画を好み、特に童に対する思い入れは独自の世界感がある。
他に友禅軸、仏画、屏風、木染めなど気儘な創作活動に没頭。

大正2年 9月9日金沢市加賀大野港(現在の金沢港)に生まれる
昭和50年 「加賀友禅・由水十久作品集」出版
昭和52年  伝統工芸士に認定される
昭和53年 石川県無形文化財、加賀友禅 技術保存会、技術者会員に認定される
昭和63年 六月、金沢・京都にて染道六十周年記念展開催

■「由水十九」作品 高額買取りいたします。
■「加賀友禅」作品 高額買取りいたします。
買取実績:加賀友禅 『しょうざん』生紬 訪問着

上州赤城山麓で新芽の桑の葉を食べて育った春蚕の玉繭を座繰で引き出して弾力のある玉糸を経緯のすべてに使用している。

生紬とは、生糸の精練を途中段階で終わらせて、ざっくりして風合いを残した紬糸で 織られた紬織物。

■「しょうざん 生紬」高価買取りいたします。
買取実績:加賀友禅 『由水煌人』作 訪問着

日本工芸会正会員、加賀友禅伝統工芸士。
初代由水十久氏の長男として生まれ、京友禅の人間国宝森口華弘氏に師事。

昭和52年「日本伝統工芸展」入選 作品の中の絵柄が創り出す空間にこだわり、 独自の友禅を作るという永遠のテーマをもって創作している。

■『加賀友禅』高価買取りいたします。
■『由水煌人』作品 高価買取りいたします。
■『初代由水十久』作品 高価買取りいたします。

買取実績:重要無形文化財「友禅」人間国宝 『羽田登喜男』作 色留袖

重要無形文化財「友禅」保持者 羽田登喜男 金沢と京都という異なった気候や風土、歴史に培われた加賀友禅と京友禅を融合させ た独自の世界観を持つ友禅。

「自然が師である」という羽田友禅は、花鳥を主とした自然を題材に、伝統だけにとらわれない幅広い技術を駆使して描かれる。

人間国宝 羽田登喜男 略歴

明治44年 金沢市に生まれる
大正14年 加賀友禅作家 南野耕月に師事
昭和6年  京友禅作家 曲子光峰に師事
昭和30年 日本伝統工芸展に入選
昭和63年 重要無形文化財保持者「友禅」に認定

■人間国宝 「羽田登喜男」 作品 高額買取いたします。
買取実績:重要無形文化財「友禅」人間国宝 『羽田登喜男』作 色留袖

重要無形文化財「友禅」保持者 羽田登喜男 金沢と京都という異なった気候や風土、歴史に培われた加賀友禅と京友禅を融合させ た独自の世界観を持つ友禅。

「自然が師である」という羽田友禅は、花鳥を主とした自然を題材に、伝統だけにとらわれない幅広い技術を駆使して描かれる。

人間国宝 羽田登喜男 略歴

明治44年 金沢市に生まれる
大正14年 加賀友禅作家 南野耕月に師事
昭和6年  京友禅作家 曲子光峰に師事
昭和30年 日本伝統工芸展に入選
昭和63年 重要無形文化財保持者「友禅」に認定

■人間国宝 「羽田登喜男」 作品 高額買取いたします。

 

過去に掲載したものはこちら→最新 8 7 6 5 4 3 2 1 川島SP 道明SP 龍村SP